本・雑誌

2296: Newton 2024年6月号

そういや、メインの特集は流し読みしただけだったことを思い出したけど、それはさておき。 Newton 2024年6月号 作者:科学雑誌Newton 株式会社ニュートンプレス Amazon 倫理の話が面白いかったです。もちろんこの話題に答えはないのだろうけれど、科学技術と…

2278: Newton 2024年5月号

話題の例の映画の話とか。 Newton 2024年5月号 作者:科学雑誌Newton 株式会社ニュートンプレス Amazon 映画のテーマとしてはまあいろいろ物議もありましたが、科学者伝記、科学史としては大事な資料の一つなのでしょう。どうしても、科学技術はこういう時に…

2270: 転スラ小説

我が家で最初にアニメを見始めたのは私ですが、一緒に見出した子がはまって、小説を買い始めるようになりました。学校で読書タイムがあるっていうのも大きいけど、なんにしても、マンガ以外もたまには読む習慣大事。(私じゃなくて、子のね) んで、ちょうど…

2239: 転スラ原作

積読消化されてしまったし、さてどうしようかなあ、と思っていたわけですが、そういえばってことで、子が集めてる転スラの原作に手を出すことにしました。 転生したらスライムだった件1 (GCノベルズ) 作者:伏瀬 マイクロマガジン社 Amazon アニメスタートな…

2237: Flutter実践開発

読み物ではない技術書は、読了するっていう概念がないから、どっちのブログで書こうかな、ってなりますね。 Flutter実践開発 ── iPhone/Android両対応アプリ開発のテクニック 作者:渡部 陽太 技術評論社 Amazon 技評のこのシリーズは何冊か持ってて、わりと…

2231: Newton 2024年4月号

週末のんびり雑誌を読んだり、と。 Newton 2024年4月号 作者:科学雑誌Newton 株式会社ニュートンプレス Amazon もともとの特集よりは地震が大々的に取り上げられてますが、科学誌なのでね、こういう時こそ時事ネタの科学的説明たくさんでよいですよね。 時事…

2201: Newton 2024年3月号

読む本がひと段落したタイミングでちょうどとどいた。 Newton 2024年3月号 作者:科学雑誌Newton 株式会社ニュートンプレス Amazon バイアスは、もう「あるある」の連続です。「あーそれそれ」みたいな。バイアスかかってるって思って気をつけないとね。 時間…

2194: 読書いっぱい

今月はなんかいろいろ読書欲が強めらしくて、まあ読む本がたくさんあるというのもあるけれど、どんどん読んでますね。 カバーつけて、通勤中に読んだりしてるのが大きいかもしれない。あ、マンガ以外は基本物理書籍です。なんかそっちの方がじっくり読めるの…

2177: Newton 2024年2月

今年最初の。 Newton 2024年2月号 作者:科学雑誌Newton 株式会社ニュートンプレス Amazon 名著特集は結構おもしろい。新しい出会いがたくさんあったりするんでね。 昔読んだことあるやつも載ってたりして、もう一回読むか?ってなったり、フィクション分野で…

2146: Newton 2024年1月号

昨日に引き続き、ですね。 Newton 2024年1月号 作者:科学雑誌Newton 株式会社ニュートンプレス Amazon もう「2024」っていう文字列を書く頻度が増えてきましたねえ。年末だなあ。 さて、最近特集の増えてきたChatGPTさん。まあ、システムのバージョンが上が…

2145: Newton 2023年12月号

これは先月号。追いついてないなあ Newton 2023年12月号 作者:科学雑誌Newton 株式会社ニュートンプレス Amazon 物理は身近な話をメインで。4階からストローで水が飲めないとか、金色なのは相対論で説明できるとか。 算数の話はなかなか面白かった。Newtonっ…

2141: シベリウス

作曲家の評伝を読もう企画も佳境になってまいりました。 シベリウス (作曲家 人と作品) 作者:神部 智 音楽之友社 Amazon というか、最後のシベリウスもほぼ読み終わってしまったんですが、なんか、このシベリウスだけはちゃんと曲も聴き直してみようっていう…

2100: 積読

別に積んでるわけでもなくて、ちゃんと順番に読んでいこうとは思っているんですけどね。 演奏会終わったし、最近の恒例として、自分が取り組む作曲家に関する本を読もうっていうのがありまして、今回は珍しく3人とも本があるわけで、この時点で課題図書が3冊…

2088: ニュータイプ 2023年11月号

フリーレンが表紙なのはともかくとしても、ダンジョン飯も取り上げられてるっていうならば、これはつい買ってしまっても仕方ないよね、と。 ニュータイプ 2023年11月号 KADOKAWA Amazon 秋アニメ特集的な感じになってたので、PLUTOも載ってたし、ここにある…

2058: Newton 2023年10月号

AI盛り上がってますねえ。 Newton 2023年10月号 作者:科学雑誌Newton 株式会社ニュートンプレス Amazon なんか最近も似たような特集があったと思ったんですが、あれは7月号だったみたいで、3ヶ月かそこらで同じジャンルの特集が組まれるのは珍しい。気がしま…

2037: Newton 2023年9月号

読んだのは月初だった気もするけれど、書くの忘れてた。 Newton 2023年9月号 作者:科学雑誌Newton 株式会社ニュートンプレス Amazon 数学おもしろネタ特集の続編という感じ。前のが評判良かったそうで、自分も結構楽しく読めたので今回もよかったです。全然…

1995: 森先生、道半ば

道半ばなのは、森先生じゃなくて、私です。 舞姫・うたかたの記 (角川文庫) 作者:森 鴎外 KADOKAWA Amazon まだ、舞姫に辿り着いてないよ。ようやく、うたかたの記と、ふた夜(翻訳らしいということを読んでから知った)が、終わったところです。 なにより文…

Newton 2023年8月号

たまってた2ヶ月分を読んでいたら、最新号も来たので勢いでざーっと。 Newton 2023年8月号 作者:科学雑誌Newton ニュートンプレス Amazon 宇宙の話題はわりかし定期的にやってくるのでその意味ではおなじみ。まあ、それでも、再認識と新情報もあったりするか…

人間失格

失格してしまったかあ〜と、太宰さんの作品ですね。 人間失格 (角川文庫) 作者:太宰 治 KADOKAWA Amazon いや、ほんまひどい人です。自分的には主人公への共感とかほぼなかったなあ。世間が悪い、というふうにも感じなかったので、まあ、いろんな人がいるよ…

芥川せんぱい

文ストシリーズから。やつがれ先輩を。 羅生門・鼻・芋粥 (角川文庫) 作者:龍之介, 芥川 KADOKAWA Amazon (「やつがれ」ってうっても「僕」にはならんなあ) 羅生門はさすがに知ってる。教科書にも載ってた気がする。でもほかはどうだったかなあ。鼻は読ん…

本屋とか

家族で本屋行きますか、となりまして、子たちに好きな本買ったげるよ、みたいなそんな週末の企画。 上の子はなんか目に留まったいくつかのジャンルの本を手にしてたし、下の子は好きなアニメの原作ラノベを集めはじめました←ようこそ原作の世界へ んで、せっ…

Newton 2023年7月号

6月号から連続して読んでく。 Newton 2023年7月号 作者:科学雑誌Newton 株式会社ニュートンプレス Amazon ChatGPTは、そんなに新しい情報とかなかったけど、誌面でまとまった話して読めたのはよかった。ちなみに、本誌とは関係ないけど、チャピるっていうら…

Newton 2023年6月号

ちょっと遅れですが。 最近文庫本とかを読みふけっていてすっかり忘れてた。7月号届いたときに、6月号が未開封のままだったというね。 Newton 2023年6月号 作者:科学雑誌Newton 株式会社ニュートンプレス Amazon さて、物理はまあともかく、錯視楽しい。やっ…

リストさん

新シーズンに向けての予習本。また読み途中ですが。 リスト (作曲家・人と作品シリーズ) 作者:福田 弥 音楽之友社 Amazon まあ、ピアノの天才ですわ。ほんまに。後半に、グリーグの協奏曲を、初見で弾いたってエピソードあって、まじか?ってなった。知らな…

虫くん「完全犯罪」

本的には黒死館がメインだけど、それを読んでからになるともう最初の完全犯罪は彼方にいっちゃいそうなので。 黒死館殺人事件・完全犯罪 (角川文庫) 作者:小栗 虫太郎 KADOKAWA Amazon 初対面としては最初の数ページで一旦挫折したわけですけども、再チャレ…

乱歩さん「魔術師」

文ストカバー本を読むシリーズ。 魔術師 (角川文庫) 作者:江戸川 乱歩 KADOKAWA Amazon 虫くんにいきなりやられた感じだったので、ここは初心に帰って乱歩さんから、ということで。 というか、普通にこれは読んだことある、と思う。学生のころに乱歩さんの全…

文ストカバー本

ひょんなことから、文豪ストレイドッグスのカバーがついた本家の文庫本の話になり「あれなら読むよ」という子がいたので、ふらっと買ってしまったのです。 どーん ネットで買おうと思ったけど、このカバーである保証はなさそうな感じ(カバー違うだけで中身…

街と壁読んだ

「街とその不確かな壁」を読みました - いとーけーのページ こっちはネタバレっぽく。 街とその不確かな壁 作者:村上春樹 新潮社 Amazon いや、ほんまにハードボイルドワンダーランドかと思ったわけですよ。なぜここにきてこんなに似た雰囲気あるの?みたい…

積読

とりあえず入手はしました。 でも、読んだら寝不足確定しちゃうし、今週末集中練習やし、来週本番やし、そこが終わって一息つくまで置いておこうと思います。 読書欲はあるけど、これを今読んだら、あかんやつ〜って。 本読む暇あったら、スコア見なさいよ、…

Newton 2023年5月号

減量ですってよ! Newton 2023年5月号 作者:科学雑誌Newton 株式会社ニュートンプレス Amazon とまあ、科学的な話としてはそんなにめちゃくちゃ目新しいとかはなくて、まじめに減量ってそういうことよね、という話ではあるけれど。それを再認識って感じです…