練習日記

新しいiPhone発表されましたね。光学3倍かあ。時計の画面大きくなったのもよいですな。

miniはもうぽちっとしましたが、それ以外は青系で行きたいと思います。時計は秋っぽいけどねえ。早く出てこないかなあ。

 

というわけで、指揮者練習を経ての初練習。

言われたことを思い出しつつの、新しい指摘に対応しつつの。

どうしても全体のボリュームが大きくなった時に、力み過ぎてしまいますけど、もちろん力んでも音量出ないけど、力抜けてても音量足らない。多勢に無勢すぎて、、、

これ、あと一月でなんかいい対策見つけられへんかなあ。

 

とはいえ、やっぱ、曲の方向性を指定してもらったというのもあって、ぐーっとレベルアップした感じありますよね。音の迷いがずいぶんと減ってる気がする。

気がつけばもうあと1月半くらいやし、この雰囲気で進んでいきたいものです。

 

イベント前夜

あとは寝て待つ。という状態。

電話も時計も出たら買うことにはしてるけど、せっかくなので、どんな色が出るのかな?とか、どれだけパワーアップするのかな?みたいな期待感はありますよ。もちろん。

それ以外のデバイスも出てきたらどうしよう。

 

あとは、各OSの正式リリース日とそれに向けてのスケジュールが1番気になるところ。明日からの準備作業に直結ですからね。

 

さて、ちゃんと起きられますように💤

曲紹介

記憶が定かではないけれど、多分所属オケで曲紹介を書くの初めてなんじゃないかなあ。弦楽ではいつも書いてるけどね。

弦楽は、小さな団体なので、ある意味自分のキャラをそのまま出していてもそんなに問題にはならないけど、オケだとそうはいかんよね。「あー、これあの人が書いたんやね」とはなりにくいしね。

 

ほんとは1年前の本番用に原稿を準備してるところだったんですが、本番無くなったし、でも今回同じ曲をやるからってことで、その時の下書きをベースに日々ちょっとずつ加筆しているところ。

800字くらいのつもりで、でもその下書き持ってきたらすでに1000字くらいあってので、加筆の前に減らさなくちゃ、ってところからはじまり、だいたい全体像はできてきた。カップリングの曲も変わったのでそういう言及を減らしたりとかもしたな。

言葉の言い回しとか、単語の選択とか、その辺、ちまちまとやる日々です。その時の気分でも印象変わるから、これが収束していけばよいのかな。たぶん。

あと1週間くらいでなんとかしたいな。

練習日記

今朝も軽い気持ちで落ち葉拾いをって思ったら、結局最初に用意したゴミ袋足らなかったし、汗だくになった。

 

それはそれとして、ひさしぶりの指揮者練習。まあ、本番2ヶ月前切ってますからね。こんな時期でも練習できるのはほんとにありがたいことで。

初練習だったこともあって、テンポ設定気になるところでしたが、中プロはまあ思ってたくらいでしたが、前プロずいぶん雰囲気違ったなあ。

飛ばしが微妙なテンポだと難しいのよね。そこらへんのコントロール、もっと磨いていかないとですね。

 

その2曲やってからのメインはしんどかったわ。でも前は普通に全曲乗り当たり前やったし、そう考えると、練習ない時期増えて、耐性落ちたのかなあ。それとも、人数少ないから余計に体力使ってるだけ?

そんなこんなで、楽曲解説のネタも仕入れてきたし、そっちも本格的に仕上げにかからないとねえ。

やっぱりまだ暑い?

朝晩涼しくなってはきてますが、先日も朝の観測気温が20度切ったりしてましたが、それでも日中外を歩いてるとやっぱまだ暑いね。マスクしてるからっていうのもありそうだけど、さすがに汗かくなあ、と思った今日。

まあ、まだ、彼岸すぎてないからしかたないってことで。

 

ほんとは明日本番だったはずですが、それも中止になっちゃったし、シルバーウィークにあるはずだった小学校の宿泊学習も中止、中学の修学旅行はさすがに中止じゃなくて延期だけど、いろいろ予定が飛んでいく。。。

シルバーウィークの予定がほとんどなくなったよなあ。なくなったからといって、どこかに行けるわけでもないしなあ。まあ、飛び石だと、元々あまり身動きできないんですけどね。仕事的にも、学校的にも。

 

昼間は汗かいてたけど、その後散髪してもらったので、かなりスッキリです。これで明日から快適に過ごせそう。きっと。

Newton 10月号

まだ半分くらいしか読んでないけど、盛り沢山すぎるので。

実はまだメイン特集である時間の話まで辿りつけてないです。

多面体、なんで5種類しかないか、初めて理解した。

BMI技術すごい。機械学習との組み合わせでここまでいけるんや。でも、脳に電極っていうとなんか怖いな。電脳ってこういうとこからはじまるんでしょうけども。

なかなかクリーンエネルギー難しいですよね。やっぱ効率アップの技術革新いるなあ。

 

そして、錯視はいつみてもワクワクするよね。だいたい知ってる錯視だったけど、何度見てもなんで?って感じです。

ただ、「余分な短線」はどうやって見ても、解説読んでも、大元の資料を見ても、錯視なのわからんかった。というか見えんかった。

錯視は実際にそこにあるわけじゃないから、自分が見えてないのに人に説明するの難しい。人がどう見えてるのかわからない。相方さんはちゃんと見えたらしいけど。

 

とそんな感じで盛りだくさん。時間の特集も読んでいこう。

朝練

昨日あんなことを書いていたからか、テンション高いままだったからか、ちょっと蒸し暑かったからか、若干寝付きの悪いまま夜は過ぎ、そして、ここしばらくではないくらいの時間に目が覚めてた。

これはつまり朝練しろってことやね。はい、しましょう。

 

というわけで、サイレントベースを台からおろしてひさしぶりの朝練。当然チューニングとかしっかり狂ってたし、まあその辺はもちろん想定内。

昨日はメイン曲の合奏だったから、逆にそれ以外の曲を、メトロノーム頼りにざっくりゆっくりさらってみる。

とにかく音を思い出しておかないとね。合奏に近いタイミングで、一度弾いた事があるかどうかは全然違うので。目と手と耳と頭が覚えてくれる。ほぼ五感やった。

 

いつも30分くらいの練習時間ですが、それくらいが1人でさらうちょうどよい時間。明日もできるかな。そしたらそこそこ全曲カバーできそうな気はするんだけど、、、