2313: 赤い月

子の帰りを待っていたら、その本人から珍しくLINEが。

「月が赤い」

昨日満月だったし、上がりかけの月なら赤くなりうるか。見えるかな、と、庭に出たり、ベランダに出たりしたけれど、まわりの建物に遮られて、東の空に上がったばかりの次はどこにも見えません。

そんなことをして上へ下へとバタバタしてると、子が帰ってきて

「ただいま〜月、赤かったで」

「家からは見えへんかったわ」

「んじゃ見に行くで」

ってことで子に連れられて急きょ月見。

iPhoneだけを片手にサンダルで町内を空を見上げながら2人でふらふら。これ怪しい人や。ってのは気にしないことに(実際、なにしてるんやろ?みたいな視線を感じなくもなく、、、

んで、それなりに見えるポイントを見つけてからは雑談しながら撮影タイム。こんなことなら、普通にデジカメを持ってきた方が良かったかも。もちろんナイトモードもすごいんですけどね。補正凄すぎて、ちょっと見た目と違うというか。

まあ、でも結局は自分の目と記憶ですよね。そんな月を見たなあという記憶をデジタルな記録でカバーって感じで。

(ここに写真無いのはいろいろ建物映り込んでるんで、ってことで)

 

自分も学生の頃をずっと空を見上げて歩いてたなあとかそんなことを思いつつも父子のちょっとした時間でした。というか、早く帰ってご飯食べてくださいな、と。

2312: 燃え尽き症候群

にならないように、と気をつけている今日この頃です。

昨日リリースしたところですしね。大きな問題もなさそうですが、まだ浸透は弱めなので継続的な発信大事ですね。

といいつつも、そうはいってもひと段落したので、ふわっとした気分になることもあるんですが、そこはしっかり兜の緒をしめてってことで。

 

実際のところ、先週くらいから開発としては落ち着いてきたので時間の空きが出てきまして、他のアプリのメンテとか、ちょっとした小ネタに手を出したりしていたんですが、それはそれでどのタイミングで表に出していくのかっていうのが難しいですね。

新作のジャマにはならないようにしたいけれど、だとしたらどのくらいだったら大丈夫なの?みたいな。

単なる小規模メンテならたいしたことないですが、保留してた機能追加を再開したりとか、そのへん難しいですよね。

そんなこといってると、別案件やってきて、あっという間に時間なくなったりするんですけどね。

 

あ、まずは勉強会の資料をまとめないとだった。やることたくさんあるわ。

2311: アプリリリース

というわけで新作リリースですよ、と。

新作アプリ「そらコーデ」を公開しました - 株式会社そらかぜ

日付変更と同時に公開処理とその確認。そして修正アップデートの提出をしてから💤

寝てる間もなんか気になるなあと思いつつうつらうつらと起きたり寝たり、結局いつもより早めに起きたので、睡眠時間は4時間くらいだったか。

その後、出社してからまず15分くらい仮眠しましたわ。もう無理ってね。

今日はずっと片手間にネットをチェックして、エゴサーチざんまいだったかな。

まだまだ初日なのでそこそこのスタート感ですが、これがこれからどうなるかが問題ですね。とにかくしばらくは突き進むのみ、ですが。

 

ちなみに練習もあったんですが、睡眠不足とリリース後の反応気になって、本番直前というのにやや集中力不足ですいませんでした。

 

とにかく、お疲れさまってことで。

f:id:itokjp:20240522225640j:image

2310: 前夜祭

「祭」ではないな。でも一区切りのそのまた前の日。

なんの?ってのはまた明日ってことですが。

終盤はわりかし余裕を持ったスケジュールになってしまったので、ここ数日は比較的心落ち着いている。バタバタコード書いて、時間が〜みたいなことではなくて。

そういうの、審査ってプロセスがある一つのメリットかもしれないですね。そこにかかる時間がある意味読めないから、締め切りが決まってる場合に、それに対して早めに準備せざるを得なくて、審査がスムーズだと逆に時間余る、みたいな。

まあ、なので、次に向けての作業をはじめてみたりもするわけですが。

 

f:id:itokjp:20240521215915j:image

明日練習もあるしな。打ち上がろうとしても遅くなるんでとりあえずいいビールは今日飲んでおいた、みたいな。

はてさて、どうなりますことやら。

2309: 懇談

今日は懇談はしごの日。こういう学校系のは、同じ日に複数いれること結構よくするんですが、まあそれなりに疲れますよね。

子たちも大きくなってきたので、それぞれ将来の話とか、そんなスケールになってきまして、これからみんなどうなっていくんだろうね。

親としてはサポートしていきつつ見守るくらいしかできないことも多いですが、それでもできることはできるだけ、やり過ぎにならない程度には、やっておきたいという話もある。

まあ、主にはスポンサー業になるからまずはしっかり働かないと、だけども。

 

日々の気温変化が激しくて、しかも室内外も気温差がしっかりでてくるようになってきたから、もう少し、外気温高めで安定するまでは、気をつけないとですねえ。上着着て昼間歩いたら汗かくし、屋内入ったらエアオンそこそこ効いてるし、ほんまむずいっすわ。

週末本番だから要注意ってことで。

2308: 練習日記

ついに本番1週間前になってしまいましたね。

 

雨模様ということもあって、昼過ぎに練習にいくまでに3回くらい車を出して、買い物やら送迎やらすることになりましたが、それはさておき。

というか、この週末はそんな道が混んでなかったですね。GWすぎて、国内の観光はちょっと落ち着いたのかな。

 

さて、総仕上げ的な練習美ですね。

細かいところをいくつかチェックしつつの、珍しい試みとして、全曲曲順に通し練、というね。体力の配分とか、その他もろもろ本番モードでどこまでいけるか、と。

前2曲は比較的なんとか、かなあ。それでも力み刃もっと抑えられてもいいはず。この2曲で脱力をし続けるのはそれはそれで大変なのでけど。

そして、シンフォニー。最後はまだまだ冷静さが足りないですね。もちろん熱演という意味では多少はいいかもですが、それでもちゃんと筋は通しておかないとだ。丁寧に、冷静に、でも音は熱く、これが目標ですよねえ。

もうこの曲たちとの付き合いもあとわずが、後悔のないようにしっかりと最後までやりぬきましょう。

2307: 参観日

休日参観というやつです。そういや、子たちみんなが義務教育終わるまであと2年くらいなんだよね、もうすぐだねえ。

そう思えば、こんな参観ももうなくなるのかあ、、、(まあ、今日だけの話でいえば、そんなに感慨深いものとかそういうわけではなかったけれど、それはさておき

中学になるといい意味での活気あふれる授業とかにはならんので、まあ普段の雰囲気がちょっとわかったからよかったかな、という程度になりますよね。

 

今日もいい天気でしたねえ。ほぼ真夏日。5月後半にもなればそのくらいは当然でしょうか。

リビングに転がって昼寝するにはいい季節に、、、という思いを断ち切って、練習しましたよ。昼下がりに。

個人練でさらってるだけなのに、眠くなってきたりするのはどうなのよ、ってね。

ざっと全曲つまんでいくだけでもちょっと時間かかったけれど、もう本番1週間前ですからね。明日も指揮者練習あるし、本番モードでやっていきますかねえ。