黒井津さん

アニメの話をなんとなく耳にしてちょっと気になるなあ、と思っていたら、アマプラで配信されてて、みたら面白くて、結局原作買ってしまったという話。

お仕事話、結構面白いので好きです、たぶん。そんなにリアリティとかいらなくて、とにかく「あーあるある、よねえ」みたいに思いながら、楽に読みたいよね、と。

開発系ということもあって、なんとなく親近感とかあるしね。しかも、悪役サイドなのがまたよいですな。

悪の組織っていつも頑張って怪人用意するけど、ヒーローにあっさりやられちゃうよねえ、と小さい頃に思ってた、それが組織側から描写されてるわけで。

ちょうど黒井津さんの過去も少しわかって(なんでそんなに強いのって序盤で思ってた)、話がちょっと進んだ感じの最新6巻出たところですし、これからも楽しみですねえ。