無観客演奏会

なかなか人前で演奏できないですね。ステージで演奏する機会はギリギリ確保されそうだけど。

京都市民管弦楽団第103回定期演奏会は無観客で開催されます – いとーけーのページ

以前、アマチュアが無観客で演奏会をする意義とは、みたいな話をした気がしますし、その思いは今も変わらないんですけども、だからといってこれは本当にどうしようもない。

いろんな事象(事情)がからみあってからの、着地点。ここまでやってきたことに対する一つの決着、とでもいうのでしょうか。

 

いや、まあ、ほんまにね。運が悪い、、、タイミング悪い。この1年間で、数回演奏会ができた団体もあれば、まだ一度も成立してない団体もあるわけで、たまたま、その社会情勢の動きとタイミングが合ってしまっただけ、といいますか、、、

 

ふと思ったけど、先日も弦楽の本番延期にしましたが、今月末で緊急事態宣言解除されたら、今回の宣言のちょうど最初と最後にかぶって、演奏会飛んだことになるよね、、、あと数日ずれてるだけで大丈夫だったかもしれない、とか、意味のない仮定をしてしまうほどに。

 

と、いろいろ書いてスッキリしてきたから、まああとはなるようにということで。とりあえず、ビール仕入れて、三体読もう。