ダ・ヴィンチ・コード

終わりかけな紅葉を見た日曜の昼下がりは映画鑑賞でも。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Kei Ito (@itok)

 

原作持ってて、何度も読んだことあるけど、映画見たのは実は初めて。これもう10年以上前の作品なのですね。

 

ダ・ヴィンチ・コード (映画) - Wikipedia

 

ちょっと長めなので、時間確保しないと、って思ってて見るタイミングを逸していたのかな?

 

原作、詳細までは覚えてないけど、わりかし忠実に作ってある感じで、映像になった分、謎解きのところがわかりやすくなった気がする。

 

特にクライマックスあたりは、テキストだとなんとなくモヤっとした印象だったわけですが、それがスッキリしたかなあ。

 

ちなみに、物語としては、「天使と悪魔」の方が好みですが、映画はどんな感じなのかな。今度はそれをみてみよう。